肝斑ケアのために原因を探る~適した治療を受けるために~

女性

お肌のトラブルの対処法

スキンケア

ニキビができてしまった場合、皮膚科や美容外科などで適切な治療を受けることにより、肌の炎症を抑えたり、クレーター状の跡ができることを防ぐメリットがあります。ニキビは指でつぶしたりせず、クリニックでの治療が推奨されています。

クリニックの選び方

目

大阪には二重の手術が受けられるクリニックがたくさんあるので技術力や評判の良さにも注目してみましょう。埋没法は元に戻せる気軽さは魅力ですが、最初から理想通りの目元を作ることができるクリニックを選びましょう。

注入系の豊胸手術

先生

大阪には、豊胸手術が上手いことで評判になっている美容外科クリニックがあります。近年人気を集めているのは、胸にヒアルロン酸を注入する豊胸手術です。この方法であれば、体内に異物が残ってしまう心配をする必要がないため、安心して手術を受けることができます。

様々な方法があります

整形

30〜40代の女性に多い

頬や額に淡褐色のシミが左右対称に出来ている場合には、単なるシミではなく、肝斑である可能性があります。30〜40代の女性に多く見られることから、女性ホルモンのバランスが崩れることやストレスが影響しているのではないかと考えられています。肝斑の治療方法は内服薬を使用する方法、外用薬を使用する方法、レーザー治療を行う方法などがあります。内服薬を使用する治療法は、効果を実感するまで4〜5週間程度かかりますが、肝斑だけではなく全身のシミの改善、予防効果を期待することが出来ます。また、外用薬は内服薬については同時に使用することにより、肌のターンオーバーを促進することが出来ますので、高い効果を得ることが出来ます。

信頼できる医師を探そう

肝斑の治療において、レーザー治療を行うことは症状を悪化させる可能性があるとして行われないのが一般的でした。しかし、最近では弱いパワーのレーザー治療であれば、肝斑を解消することが出来るという研究結果が出ています。照射パワーを調整することにより、細胞内にあるメラニン色素だけを破壊することが出来ますので、内服薬や外用薬を使用するよりも効果を早く実感することが出来るようになりました。また、状態に応じていくつかの治療法を組み合わせて行われる場合もあります。レーザー治療においては、レーザー機器のパワーを適切に調整する必要があるなど、高い技術が必要となりますので信頼することが出来るクリニック・医師を選ぶことが大切です。