肝斑ケアのために原因を探る~適した治療を受けるために~

女の人

お肌のトラブルの対処法

スキンケア

適切なケアで健康な肌に

ニキビは、青春のシンボルとたとえられることもあり、思春期の頃にできやすい皮膚疾患とされていますが、思春期を過ぎても治らない場合や、大人になってからできるといったケースも見られます。ニキビの原因としては、過剰に分泌される皮脂が毛穴を詰まらせることにより、皮膚が炎症を起こすことによるものと言われていますが、皮脂分泌やニキビのできやすさなどには非常に大きな個人差があり、思春期になってもほとんど症状が出ない人や、顔だけでなく胸や背中といった場所に症状が出る人もいます。治療は皮膚科や美容外科などで行われており、炎症を抑える薬を使用することによりニキビが目立たなくなったり、内服薬やサプリメントを使用することで、症状が出にくくなる点が人気です。

刺激を与えないことが大切

ニキビの治療に使用される外用薬は、皮膚科や美容外科などで処方を受けることが可能です。市販薬でニキビ用のものもありますが、クリニックで適切な診断を受け、肌質や体質に合った治療をすることで、ニキビ跡を残さず症状を早く鎮めることができるケースがあるとされています。ニキビができてしまった時には、指や爪でつぶしてしまう人が見られますが、そのようなことをすると、クレーター状の跡が残ることがあるといわれています。クレーター状のニキビ跡は、治療で完全に元に戻すことが難しいと考えられていますので、症状が出てしまった場合は、こすったりいじったりせずに、適切なスキンケアや治療を行い、つぶしたりしないことが推奨されています。